「チューニング」への1件のフィードバック

  1. 紛らわしいタイトルは たいちーがつけたもので PAのシステムチューニングについて 大層に語るかの用ですが、その辺については 当社の重要な秘密が隠されているので そのうち ということで
    ピアノの調律について タイチーと二人 かたりあった。
    一様にいろいろな事情(30年以上2階に放置されたピアノ、プロはいきなり交通遮断し、もちろん警備員も立てることなく、ユニックのアームを電線の間をくぐらせた。年季の入ったすリング1本に吊るされはピアノは臆することもなく スキージャンプのような角度で 窓から 電線だらけの大空に飛び出したのである。馬鹿だ大学文芸学科卒)のピアノ 残念なところ ひどいチューニングでいつか調律したいと考えていました。
    ハンマーとミュートを片山さん(この人の話すると長くなってなんせマイルスデイビスの吹き吹きのトランペットを受け取ったことがあるくらいの方で 話が長い これは 最近のワイドショーなんかでよく言われる 男は理屈を言う ただただ話が長いのではなく 長い時間会話の時間を独占して 理屈を言うのである このチャンピオンが 片山さんである ついでに2位は マクランサ時代片山さんとよく仕事していた 福田さん、次はアクトサウンド奥澤さんかな?この人はファンキーな人で つまずいた勢いで ハイエースの下にヘッドスライディングしてしまい頭ぱっかり割れました。栄作の次にあの世にいって(池田先生が阿弥陀様を迎えにいくように指示をおだしになったそうです。お葬式行ってきました。)しまってないんだけど 相撲取りの暴行の頭よりすごいことになっているので 上本町方面にお越しの方は お見舞いに寄ってあげてください。希少なハワイのバニラにつつまれたコーヒーが堪能できます。
    ピアノのチューニングに関しては インターネットで検索してもらったらそのとおりです。集中して音を聞いてると疲れる、低いところは倍音のほうが多くピッチが撮りにくい、高いところは ハンマーをちょっとまわすだけでピッチが極端に変わってしまうし 隣のピットも ああついにはハンマー刺し間違えるし これを現場でやるのはとっても尊敬できる大変な仕事なのである。ねぇ西さん、東さん、そういえばうちに昔 北君おったな 最近 南君来てるし 東さんチーフで 北君、南君、西さん、マージャン好きのクライアントに喜ばれそうだ。調律付きチーム東南西北

    ということで 大体まだ真ん中あたり(チューニングメーターも反応がいい)を調律してはるときは モニターのワンツーぐらいは大丈夫そうで 下のほうや上のほうになると 楽屋にコーヒーを飲みにいったほうが いいということです。

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です